リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科リハビリテーション科では、身体が痛い・関節が動かしにくいといった症状を緩和させるために運動療法、物理療法を行います。
当院では、ケガや手術の後の訓練だけでなく、頚部痛、腰痛や関節痛などの慢性的な症状に対しても保険診療によるリハビリテーションを行っています。運動療法(運動器リハビリテーション)では筋力や柔軟性をアップさせ、患部への負担を軽減させて痛みをコントロールしていきます。物理療法では頚部痛、腰痛や関節痛、腱鞘炎などに対して症状の緩和を目的に、温熱療法、牽引療法や干渉波療法、超音波療法など専用の機器を用いて血液循環の改善や筋緊張の緩和させることにより痛みをやわらげます。

運動療法

運動療法は、痛みや動かしにくさといった症状の解消に加え、スムーズに日常生活を送るためにも役立ちます。当院では骨格や筋肉、関節、神経などの運動器について熟知した理学療法士と作業療法士がお悩み症状を伺いながら、無理なく行えるプログラムを作成し、丁寧に指導しています。また、日常生活での動作はちょっとしたことに気を付けるだけでお身体への負担が軽減できます。そうしたアドバイスや、ご自宅でできるセルフケアなどについてもしっかりお伝えしています。
また、姿勢や動作も痛みには大きくかかわっており姿勢や歩行などの日常的な動作に関してもわかりやすくご指導しています。運動療法で筋肉が強化されると、その筋肉が支えてくれるため関節への負担が減って症状の緩和につながります。筋肉を鍛えて体のバランスを整えると、正しい姿勢をとれるようになるため、お身体全体への負担が軽減します。そして、筋肉量が増えると新陳代謝も活発になるため、血行が改善して疲労回復効果が高まります。動作時の痛みには姿勢や歩行などの日常的な動作も大きくかかわっておりこれらを改善するだけでお身体への負担が軽減できます。そうしたアドバイスや、ご自宅でできるセルフケアなどにつきましてもわかりやすくご指導しています。また、スポーツによるケガや障害により十分にスポーツが行えない場合には競技への早期復帰に向けたサポートを行っております。高齢になると骨がもろくなってしまいますが、筋肉は何歳になっても鍛えることができます。筋力や柔軟性を向上させることは骨への負担を軽減し、転倒リスクを下げるため健康寿命を延ばすことにもつながります。
当院では理学療法士、作業療法士が患者様の状態に合わせたオーダーメイドの運動療法プログラムを作成し、患者様とコミュニケーションをとりながら指導しています。正しい姿勢や体への不要な負担をかけない日常的な動作を身に付けることで、症状を改善させてストレスのない生活を送れるようにしましょう。
運動療法(運動器リハビリテーション)は予約制ですがお気軽にお問い合わせください。

物理療法

血行を改善すると、痛みや筋緊張が緩和します。物理療法では、さまざまな医療機器を用いることで血流を改善させます。当院では患者様の症状やお身体の状態、既往症などを考慮して最適な物理療法メニューを組んでいます。物理療法は予約制ではありませんので当院受付時間内に来ていただければいつでも行えます。

物理療法で扱う医療機器

温熱治療

温熱治療ホットパックにて患部を温めて血流を改善させます。筋緊張がほぐれ、血流改善によって酸素や栄養が十分に届けられ、老廃物の排出もスムーズに行われるため痛みを起こす物質も除去されます。こうした代謝の改善によって、痛みなどの症状が緩和します。

干渉派治療器

干渉派治療器コアマッスルなど皮膚表面からは影響を与えにくい位置にある筋肉にも、ピンポイントに働きかけることができる治療器です。通常の治療では改善が難しい部分の血流を促進して症状緩和に導きます。

ウォーターベッド

ウォーターベッド水の力で全身を優しくマッサージする機器です。水で満たされたマットレス内部にノズルがあり、ノズルからでる水流がお身体をもみほぐし、全身の血行を改善していきます。

メドマー

メドマー空気圧によって血液やリンパ液の循環を改善する機器です。一定の圧力をかけるマッサージによって余分な血液やリンパ液などを戻して、むくみやだるさ、重さなどを改善させます。特にむくみが起きやすい脚によく用いられます。

SSP療法

SSP療法中国の針麻酔から生まれた低周波治療で、「刺さない針治療」と呼ばれています。比較的浅い部分にある痛みを効果的に改善できるとされており、主に首・肩・腰・四肢の痛みに使われます。

間歇牽引装置

間歇牽引装置椎間板ヘルニア、頚肩腕症候群、腰痛症などに用いられる療法です。頚椎や腰椎を間欠的に牽引することで脊椎分節間隔を拡大させます。頚椎や腰椎の周囲にある軟部組織へのマッサージ効果が期待できます。

超音波治療器

超音波治療器超音波により患部の血流の改善・増大、疼痛の緩和、組織の伸展性の向上などの効果があります。主にばね指の治療に使用しています。また、低出力パルス超音波モードを用いることで骨癒合を促進する効果があり骨癒合難治症例に使用しています。

TEL.
一番上に戻る
一番上に戻る